医師の紹介

院長紹介

【院長紹介】
加地 到(かじいたる)
大阪大学医学博士
消化器病学会認定 消化器病専門医
消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医
内科学会認定 内科認定医

【院長略歴】
1987年 大阪大学医学部卒業 大阪大学医学部第二内科学教室(研修)
1988年 箕面市立病院内科
1991年 大阪府立成人病センター(現:大阪国際がんセンター)消化器内科(医長)
2002年 市立豊中病院内科(副部長)
2005年 加地内科クリニック開設
現在、日本中医学会にて、中医学の研鑽中

【ごあいさつ】
加地内科クリニックは、H17年11月にオープンしました。
消化器内科専門医としての経験を生かして、専門的医療を身近に提供できるかかりつけ医を目指しております。

東洋医学においては、心と体のバランスをたいせつにして、患者さまの体質や病気の原因を診断し、自然治癒力の改善を目指します。
個々の患者さまにあわせた治療を行うことにより、さまざまな病気の症状が改善するのを経験しております。
このようなことから、当院では、最先端の専門的な西洋医学に東洋医学を併用して、さまざまな病状に対処できるような医療を提供いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

外来勤務医師略歴

藤本直人
大阪大学大学院 消化器外科学講座在席
大阪大学医学部附属病院、市立豊中病院消化器外科などにて勤務

大嶋恭輔
大阪大学大学院 消化器外科学講座在席
市立豊中病院、市立伊丹病院、大阪大学医学部附属病院
消化器外科などにて勤務