大阪府豊中市の診療所 内科・消化器内科・アレルギー科 内視鏡(胃カメラ(経鼻内視鏡)・大腸内視鏡)と肝臓外来(インターフェロン)の医療法人緑和会 加地内科クリニックです。
  診療時間 アクセス 連絡先 ロゴマーク リンク集 プライバシーポリシー サイトマップ
クリニックの理念
開設への思い
開院の7つのこだわり
7つのこころがけ
7つの診療スタイル
7つのこだわり
7つのこころくばり
わたしたちの誓い
診療内容
診療内容・設備
案内フォトギャラリー
鼻からの胃カメラについて
大腸内視鏡について
肝臓外来について
生活習慣病の指導について
クリニックからのメッセージ
ゲスト・アンケートより
クリニックだより
病気のこと
スタッフブログ
栄養士のブログ
クリニックのご案内
診療時間・アクセス
アート作品展示
スタッフの紹介
スタッフ募集
 
当院では、みなさまの作品を展示しております。
 
 
ガラス工芸家EMIKO TANOUE
 

 
熱中症にご注意ください2008/07/17
 暑い日が続きますが、このような時期には「熱中症」にかかりやすくなります。

1)熱中症とは

 人は、気温が高くなると、血液の分布を変えたり、汗をかいたりして、体温を下げるよう調整します。熱中症とは、暑さのために、体の体温調節がうまくいかなくなり、体の水分や塩分のバランスが崩れて、筋肉のひきつけや失神をひきおこす状態です。

2)熱中症を予防するために心がけること

 暑いところで、活動するときには、以下のことに注意しましょう。

・ 暑さをさける
 気温が高いときには、なるべく暑さをさけましょう。日陰を選んで歩いたり、日傘、帽子など、日陰をつくるための工夫をしましょう。

・ 服装に注意
 服装にも注意しましょう。吸水性、通気性の高い素材を選び、襟をゆるめて通気しましょう。
 
・ 水分の補給
 こまめに水分を補給することも大切です。汗が多く、脱水になっても、すぐにはのどの渇きを感じません。のどが渇く前から、早めの水分補給を心がけましょう。

3)熱中症を疑ったら
 
 熱中症の初期症状として、めまい、失神、こむらがえりなどの症状があります。さらに進むと、頭痛、吐き気、嘔吐や体がぐったりする、力が入らないなどの症状が出てきます。さらに重症になると、意識がもうろうとして、けいれんなどがおこります。

 めまい、頭痛、吐き気など、熱中症を疑う症状があれば、すぐに、涼しいところに移動し、体を冷やして、水分補給するようにしましょう。疑わしいときには、早めに医療機関に受診するようにしましょう。

大阪府豊中市 加地内科クリニック 
〜胃カメラ(経鼻内視鏡)・大腸内視鏡・肝臓外来・アレルギー外来〜


大阪府豊中市|胃カメラ(経鼻内視鏡)・大腸内視鏡の加地内科クリニック|待合室
 



 
〒560-0013 大阪府豊中市上野東3-8-24
医療法人 緑和会 加地内科クリニックでは大阪府豊中市、箕面市、吹田市、池田市、茨木市、大阪市、堺市、兵庫県川西市、伊丹市、宝塚市、尼崎市、神戸市などの患者さまに診療しております。
Copyright(C)2005 Kaji Clinic.All right reserved.