大阪府豊中市の診療所 内科・消化器内科・アレルギー科 内視鏡(胃カメラ(経鼻内視鏡)・大腸内視鏡)と肝臓外来(インターフェロン)の医療法人緑和会 加地内科クリニックです。
  診療時間 アクセス 連絡先 ロゴマーク リンク集 プライバシーポリシー サイトマップ
クリニックの理念
開設への思い
開院の7つのこだわり
7つのこころがけ
7つの診療スタイル
7つのこだわり
7つのこころくばり
わたしたちの誓い
診療内容
診療内容・設備
案内フォトギャラリー
鼻からの胃カメラについて
大腸内視鏡について
肝臓外来について
生活習慣病の指導について
クリニックからのメッセージ
ゲスト・アンケートより
クリニックだより
病気のこと
スタッフブログ
栄養士のブログ
クリニックのご案内
診療時間・アクセス
アート作品展示
スタッフの紹介
スタッフ募集
 
当院では、みなさまの作品を展示しております。
 
 
ガラス工芸家EMIKO TANOUE
 

 
夏バテしないために2009/07/21
「夏バテ」とは、夏の暑さや湿気で寝不足になり、
食欲がなくなったり、体もだるくなる状態のことです。
さらに、冷房で体が冷えすぎることで、
「クーラー病」になり、より症状がひどくなります。

「夏バテ」の予防には、以下のことに注意しましょう。

1.十分な休養
 十分な睡眠をとりましょう

2.ビタミン、ミネラル、タンパク質の補給
 豆、魚、豚肉、野菜などを食べやすいように工夫して食べましょう。
 胃腸が弱りやすいので、芋類、オクラ、穀物(玄米、胚芽米など)、
 かぼちゃ、枝豆、ごまなどはおすすめです。

3.冷たいものはさける
 脱水になりがちで、水分補給は必要ですが、
 冷水など、冷たいもののとりすぎは、胃腸を弱めてしまいます。
 ウーロン茶など、温かい飲み物をとるようにしましょう。
 
4.クーラーをひかえめに
 体が冷えやすい方は、クーラーをひかえめにしましょう。
 また、半身浴などで、湯につかるといいでしょう。

夏バテ予防の漢方薬としては、補中益気湯や清暑益気湯があります。
いずれも、胃腸を強くして、気を高める効果があります。
毎年夏バテする方には、早い時期からの内服をおすすめしています。

大阪・豊中|胃カメラ(経鼻内視鏡)・大腸内視鏡の加地内科クリニック
 



 
〒560-0013 大阪府豊中市上野東3-8-24
医療法人 緑和会 加地内科クリニックでは大阪府豊中市、箕面市、吹田市、池田市、茨木市、大阪市、堺市、兵庫県川西市、伊丹市、宝塚市、尼崎市、神戸市などの患者さまに診療しております。
Copyright(C)2005 Kaji Clinic.All right reserved.