大阪府豊中市の診療所 内科・消化器内科・アレルギー科 内視鏡(胃カメラ(経鼻内視鏡)・大腸内視鏡)と肝臓外来(インターフェロン)の医療法人緑和会 加地内科クリニックです。
胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸検査の大阪豊中加地内科クリニック
  診療時間 アクセス 連絡先 ロゴマーク リンク集 プライバシーポリシー サイトマップ
クリニックの理念
開設への思い
開院の7つのこだわり
7つのこころがけ
7つの診療スタイル
7つのこだわり
7つのこころくばり
わたしたちの誓い
診療内容
診療内容・設備
案内フォトギャラリー
鼻からの胃カメラについて
大腸内視鏡について
肝臓外来について
生活習慣病の指導について
クリニックからのメッセージ
ゲスト・アンケートより
クリニックだより
病気のこと
スタッフブログ
栄養士のブログ
クリニックのご案内
診療時間・アクセス
アート作品展示
スタッフの紹介
スタッフ募集
 
 
胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸検査の大阪豊中加地内科:アートギャラリー
当院では、みなさまの作品を展示しております。
胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸検査の大阪豊中加地内科:エントランス
 
写真家:秋山廣行の世界
 
ガラス工芸家EMIKO TANOUE
 
胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸検査の大阪豊中加地内科:診療内容
     
  胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸検査の大阪豊中加地内科:大腸内視鏡について  
     
     
  大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)とは?  
  大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)とは、大腸に内視鏡を入れて、大腸ポリープや大腸癌を発見し、治療する方法です。大腸の検査には、大腸内視鏡検査(大腸ファイバー)と、注腸検査があります。注腸検査は、肛門からバリウムを入れてレントゲンを撮る方法ですが、大腸内視鏡検査の方がより詳しい観察ができ、同時に治療もできますのでおすすめします。  
     
  大腸内視鏡検査を楽に受けていただくために  
  大腸内視鏡検査はしんどい、苦しい、痛い、これが一般的な通念です。しかし、そのために、内視鏡を受けなければならないはずの人が、内視鏡を受けないことで、病気の発見が遅れたのを幾度も経験しました。発見されたときには、大腸癌が進行してしまってもう手遅れという事態・・・これだけは避けたいものです。 そこで、わたしたちは、つらい検査を少しでも楽に受けていただくために、ご希望の方には、大腸内視鏡検査の前に鎮静剤を注射してから検査しております。これだと、眠っている間に検査ができるので、痛みがずいぶん楽になります。検査後は、回復室でゆっくり休んでから帰宅していただきます。(お帰りの際は、お車の運転ができませんのでご注意ください。)  
     
  大腸内視鏡検査の予約と検査手順  
 
(1)検査予約
  まず、当院にご来院ください。症状や現在の治療内容などをお聞きして、大腸内視鏡を予約いたします。その際、検査の内容や前処置の方法などについてご説明いたします。なお、お電話やインターネットでの予約は受け付けておりませんのでご了承ください。
(2)検査前日
  検査前日から、特別なお食事を食べていただきます。また、寝る前に下剤を内服していただきます。
(3)検査当日
  朝から、下剤を内服していただきます。午後にご来院いただき、検査を開始します。
 
     
  大腸癌を予防するために  
  胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸検査の大阪豊中加地内科:スタッフまず、大腸に大腸ポリープができると、その一部は数年のうちに大腸癌になるといわれています。大腸癌が進行して発見されると、大きな手術をして切除しないと治りません。しかし、大腸癌がごく早期のうちに発見されれば、おなかを切らなくても、内視鏡で治療できます。さらに、大腸ポリープのうちに切除できれば、大腸癌が予防できます。  
     
  まずは、便潜血反応から  
  胃腸の症状があっても、いきなり大腸内視鏡検査はつらいとおっしゃる方は、便潜血反応という検査もあります。便潜血反応で、進行大腸癌の85%が検出可能とされています。しかし、万全の方法ではありませんので、不安な方は、大腸内視鏡検査を受けられた方がいいでしょう。  
     
   
  <診療内容・設備> <鼻からの胃カメラについて> <大腸内視鏡について> 
<肝臓外来について> <生活習慣病指導について>
 
     
胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸検査の大阪豊中加地内科クリニック
 
医療法人 緑和会 加地内科クリニックでは大阪府豊中市、箕面市、
吹田市、池田市、茨木市、大阪市、堺市、兵庫県川西市、伊丹市、
宝塚市、尼崎市、神戸市などの患者さまに診療しております。
Copyright(C)2005 Kaji Clinic.All right reserved.